名古屋パパのANAマイル生活

名古屋在住の1児のママ&パパが家族旅行のために陸マイラーとなって夫婦共同でマイル集めに奮闘するブログです。セントレア、旅行、ANA SFC修行、赤ちゃん連れ旅行、特典航空券、交通費節約方法などいろいろ書いていきます。

飛行機でおすすめの座席はズバリここ!前は前でもココを選べば間違いなし!?

飛行機座席窓側

 

飛行機の座席選びは永遠のテーマでしょう。

 

もちろん個人の好みもあるので絶対ココが良い!ということは一概には言えないのですが、できればいい席を選びたいですよね。

 

というわけで、今回は飛行機の座席選びについて紹介していきたいと思います。

 

まず、大まかに分けると

 

窓側席 or 通路側席 

 

と、

 

前方席 or 後方席

 

に分類されます。

 

↓参加ブログランキング↓

  

 

 

窓側席・通路側席の選択

 

飛行機座席指定窓側

 

これは完全に好みによりますが、一般的には国内線の場合ですと窓側の席から埋まっていきます。

 

なんていったって、飛行機からの景色って非日常ですもんね。

 

これが国際線の場合ですと、今度は通路側の席が人気になります。

 

理由はお手洗いに行きやすいことが挙げられます。

 

国際線だと機内食がありますからね!!

 

というわけで、両者善し悪しのある窓側・通路側のメリット・デメリットをあげておきます。

 

窓側のメリット(通路側のデメリット)

・景色が楽しめる

(楽しめない)

・壁に寄りかかって寝られる

(寄りかかれない)

・通路側よりは静けさがある

(騒がしい)

 

窓側のデメリット(通路側のメリット)

・席を立ちづらい

(立ちやすい)

・飛行機を降りるのに時間がかかる

(すぐ降りられる)

 

というわけで、窓側・通路側のメリット・デメリットでした。

 

個人的には窓側大好きですが、こればかりは個人の価値観の違いによるため、なんとも言えません。

 

メリット・デメリットを把握して、好きなほうを指定しましょう!!

 

 

前方席・後方席の選択

 

飛行機座席通路側

 

前方・後方は完全に前方席の方が人気です。

 

理由は飛行機から早く降りることができるためです。

 

特に国際線だとその後の入国審査の列にも影響しますので、なおのこと前方の方が人気なのだと思います。

 

前か後ろの選択であれば、問答無用で前をおすすめします!

 

ただし、前方を指定してもあまり意味がないケースもあります。

 

例えば、

 

・国内線で荷物を預けている場合

・ツアーで空港から先が団体行動の場合

 

といったケースです。

 

国内線の場合で、かつ荷物を預けている場合ですと、降機後に荷物を受け取る必要がありますので、早く降りてもあまり意味が無かったりしますよね。

 

また、ツアー旅行の場合ですと、全員が揃うまで出発しないというケースがあるため、この場合も早く降りてもあまり意味がありません。

 

前は混んでるのに後ろは空いててラッキー!なんて逆転パターンも稀にありますので、ご自身の状況に応じて選択してください。

 

 

総合的に見て人気のある席は?

 

国内線で座席が埋まっていくのは、

 

前方の窓側→後方の窓側→前方の通路側→後方の通路側→前方真ん中→後方真ん中

 

・・・といった順番です。

 

私の選択基準も基本的には

 

前方の窓側→後方の窓側→前方の通路側→後方の通路側

 

の優先順位です。

 

ただし、荷物を預ける場合は先述のとおり早く降機できてもあまり意味がないため、後方席を選択することもあります。

 

後方の真ん中の席は一番不人気の席であるため、前方の窓側よりは後方の窓側の方が、隣が空席である確率上がりますよ

 

 

長距離路線でお手洗い付近は避けた方がいい!

 

逆におすすめできない席としてはお手洗い付近の席となります。

 

国内線の短距離路線だと、1回もトイレに行かずに終わる人の方が多いのでトイレ付近でも特に問題はないのですが、国際線だとトイレに行く人が増えます。

 

トイレ付近にはトイレ空き待ちの行列ができることがありますので、特に通路側ですと騒々しく感じるかもしれません。

 

長距離路線だとトイレを利用する人も多いですので、トイレ付近の席はできれば避けた方が無難です。

 

 

 空いていればラッキー!おすすめ席

 

これまでは総合的に考えた場合についてをお伝えしましたが、次は個人的なおすすめ席を紹介します。

 

これらの席をゲットできればかなりお得です!

 

 

①リクライニングし放題席!

 

飛行機には、後ろに席がない席があります。

(正確には、後ろがギャレーや壁、お手洗いだったりする席)

 

後ろに席がないということは、どれだけリクライニングしても後ろの人に気を使う必要がありません。

 

シートマップで示すとこういった箇所のことです。

 

飛行機座席リクライニング

 

 

個人的にこういった席は前方・後方問わずおすすめと言えます!

 

まぁリクライニングできると言ってもたかが数センチのレベルですが、できないよりは全然できたほうがいいですよね!

 

こんな感じの、後ろが壁であったりする席がそうです。

 

飛行機座席リクライニング可能

 

 

なお、中にはリクライニング不可の席もあるため、事前にシートマップを見て表示をよく確認しましょう。

 

 

②足元の広い席

 

最前列の座席や、非常口の座席は足元が広くなっているので、絶大な人気があります。

 

シートマップで示すとこういった箇所のことです。

 

飛行機座席最前列

 

 

LCCではここを指定するためには追加料金がかかりますが、ANAやJALでは空いていれば無料で指定できます。

 

国内線であっても足元が広々していてかなり快適に過ごせます。

 

ただし、デメリットとしてアームレストが上がらないという点と、荷物を入れるところが無いという点が挙げられます。

 

飛行機座席アームレスト

 

 

特に小さい子供連れで子供の席が無い場合ですと、アームレストが上がらないとかなり不便です。

 

また、前の座席が無いので座席の下に荷物が入れられませんので、離着陸時には手荷物は膝の上に置くか、上の棚に上げないといけません。

 

ただ、最前列のシートはそのデメリットが吹っ飛ぶくらい、足元が広いです。

 

空いていればラッキーですよ!

 

 

③ペアシート

 

大型機の最後方には2席だけの席があります。

 

シートマップで示すとこういった箇所のことです。

 

飛行機座席2人席

 

 

2人で旅行に行く場合は、横の人がいないのでおすすめです。

 

2歳以下の子供連れの場合も横がいないと安心です。

 

特に最後方の席は、リクライニングし放題なペアシートなので個人的にはスペシャルシートだと言えます。

 

ただし、最後方であることと、トイレに近いという2つのデメリットもあります。

 

 

④前方席

 

さっき述べた前方席ですが、777などの大型機の場合は入り口が2か所設置されます。


機体の中ほどより後ろの人たちはみんな中ほどの入り口から降りようとしますので、中ほどの入り口より前方に陣取っておけば、降りるときがすごくラクになります。

 

シートマップで示すとこういった箇所のことです。

 

飛行機座席前方おすすめ

 


特に機体左側の前方席の場合、後ろの人はみんな後ろの出口を利用しますので、窓側でもすんなり降りることができます!

 

画像の5~10列目はオススメです。

 

 

国内線で私が大好きな席はココです!

 

これらを勘案して、私が「空いていたら是非とも選びたい席」はここです!

 

飛行機座席おすすめ席

 

 

ここなら、


・窓の景色が眺められる
・リクライニングし放題
・前の搭乗口から素早く降りることができる


というわけです!

 

最前方席は確かに足元が広くて快適であることは間違いないのですが、当日になるまでブロックされていたりしますのでなかなか早くから指定はできません。


じゃあ他の座席は・・・となると、やっぱりここですね。

※このポジションは777や787-9といった大型機にしかありません。。。

 

ここがあいていなくても、基本的に後ろの入り口より前方の席はおすすめだといえます!

 

 

希望の席が空いていなかったらどうする?

 

窓側がいいのに通路側しか空いていない、とか、複数席を並びで取れない、といったケースも数多くあると思います。

 

そういうケースは一旦どこでもよいので座席指定してしまって、あとはこまめに座席状況をチェックしましょう。

 

座席の変更(再指定)はいつでも無料です。

 

出発日が迫ってくると急に空いたりすることも多々ありますので、とにかく暇があれば座席チェックするくらいの姿勢で臨めば、窓側・通路側の選択くらいは可能です。

 

それでも窓側・通路側の選択ができなかった場合は、最後にチェックインカウンターで聞いてみてください。

 

ブロックされている席を解放してくれることもあります。

 

 

まとめ

 

飛行機での座席選びを適切に行えば、より快適な空の旅とすることができます。

 

ご自身の状況や好みに合わせ、よりいい席を狙って座席指定を行うようにしましょう。

 

狙いの席が取れなかった場合は、チェックイン直前まで粘って座席状況をこまめにチェックしてみましょう。

 

飛行機でおすすめの座席はズバリここ!前は前でもココを選べば間違いなし!?でした。

 

 

関連記事

 

 

買い物忘れは以下からチェックできます