名古屋パパのANAマイル生活

名古屋在住の1児のママ&パパが家族旅行のために陸マイラーとなって夫婦共同でマイル集めに奮闘するブログです。セントレア、旅行、ANA SFC修行、赤ちゃん連れ旅行、特典航空券、交通費節約方法などいろいろ書いていきます。

2019年ふるさと納税はいつから?今年のふるさと納税は前半戦が勝負!!

源泉徴収票ふるさと納税

 

2018年は何かと話題となったふるさと納税ですが、年が変わって2019年分の受付がスタートしています。

 

ふるさと納税はその年のある程度の年収が決まってから、もしくは源泉徴収票をチェックして、ふるさと納税できる限度がはっきりしてから行えば無駄がなく効率的に寄付を行うことが可能です。

 

しかしながら、2019年のふるさと納税ある程度見切り発車で早めに行ったほうがいいかもしれません!

 

↓参加ブログランキング↓

  

 

 

2019年ふるさと納税はいつから?

 

2019年のふるさと納税の受付は、

 

2019年1月1日~12月31日

 

となっています。

 

年が変わっていますので、2019年のふるさと納税はもう始まっています。

 

 

2019年のふるさと納税は前半戦が勝負!?

 

ふるさと納税改悪

 

ふるさと納税は年々総務省のチェックが厳しくなっていて、

 

・返礼割合実質3割超の返礼品を送付している自治体

地場産品以外の返礼品を送付している自治体

 

について、総務省がチェックしてホームページで公表しています。

 

※総務省の公表は自治体に対しての注意で、納税者に対しての注意ではありませんので、これらの自治体へふるさと納税を行ったからといって納税者にペナルティーがあったりとか、寄付を無効とされたり、ということは一切ありませんので安心して下さい。

逆に言えば、これらの自治体へ寄付を行えば他の自治体へ寄付をするよりもお得であるということになりますね。。。

 

そのほか、各ふるさと納税ポータルサイトにおいてAmazonギフト券がもらえたり、楽天であれば楽天ポイントがもらたりすることについても、返礼品の基準に反している疑いがあるとして調査に乗り出しています。

 

特に楽天であれば楽天スーパーセールなどのポイントアップイベントと絡めればふるさと納税だけで10%を超えるポイントを得ることができます。

 

ですが、これらのギフト券やポイント還元も2019年中に認められなくなる可能性大です。

 

ふるさと納税は、これらの改悪が行われる前に行ってしまったほうがお得なのではないでしょうか。

 

もし狙っている返礼品があるのであれば、これらの改悪が行われる前に2018年度のふるさと納税限度額からある程度限度額を推測して早いうちに2019年分のふるさと納税をしてしまったほうがいいかもしれません。

 

2019年に限って言えば、

 

お得にふるさと納税を行うなら前半戦が勝負

 

と言えるでしょう。

 

 

ふるさと納税の限度額

 

限度ふるさと納税

 

ふるさと納税の限度額は、おおよその年収と世帯構成による試算値が公表されていますが、これ実は試算値であって実際の額とは異なるということをご存知でしたか?

 

例えば上記の表で年収600万円の独身者の場合の限度額は77,000円と書かれていますが、実際は年収以外にも社会保険料の支払額生命保険の控除額などにより限度額は変わってくるのです。

 

こういった表は若干余裕を持たせて甘めに書いてあることがほとんどですので、今年のふるさと納税はもう終わった!と思っていても、実はまだ限度額まで余力がある可能性があります。

 

サラリーマンの方の場合、源泉徴収票があればふるさと納税の限度額を簡単に知ることができます!

 

 

ふるさと納税の正確な限度額を調べる

 

調べる方法は、以下の 所得税・住民税簡易計算機 というサイトを活用します。

 

ここに源泉徴収票の情報を入れていきます。

 

※各自の2019年のふるさと納税限度額は、正確には2019年の総収入が確定してからでないと正確な数字は把握できませんので注意してください。

※2018年の源泉徴収票を使って限度額を調べたものの、仮に2019年の収入が2018年より少なくなった場合には2019年のふるさと納税限度額は2018年のふるさと納税限度額より低くなってしまう可能性もありますので注意してください。

   

ふるさと納税源泉徴収票

 

 

①給与収入の額と②社会保険料控除の額を入力します。

 

ふるさと納税源泉徴収票確認

 

 

下へスクロールさせていき、③扶養親族の人数配偶者控除の有無(ありの場合はチェックを入れる)を入力します。

 

ふるさと納税源泉徴収票確認方法

 

 

さらにスクロールさせ、④生命保険控除の額を入力します。

源泉徴収票ふるさと納税確認

 

上にスクロールさせて戻ります。

すると、これまでの入力値が各所に反映されて所得税・復興特別税が計算されるはずです。

この金額と源泉徴収票⑤源泉徴収税額が合っているか確認してください。

(合っていない場合はどこかで入力ミスをしている可能性があります)

 

源泉徴収票ふるさと納税確認方法

 

この人の場合、住民税の欄の下に出ている51,500円というのが正確なふるさと納税の限度額となります。

※確定申告をして医療費控除を受ける方は途中に入力する箇所がありますので、計算された所得税・復興特別税と源泉徴収票の⑤源泉徴収税額が合っているか確認した後に医療費控除の額を入力してください。

※住宅ローン減税を受けている方はその他控除欄に控除額を入力してください。

 

ふるさと納税はサラリーマンにもできる数少ない節税対策のひとつです。

 

なるべく限度額ギリギリまでふるさと納税を行うことによって、より効果的に節税対策を行いましょう!

 

  

実践しないと損!ポイントサイト経由でさらに還元率を上げよう!

  

ふるさと納税はさとふるふるなびといった、ふるさと納税ポータルサイトから申し込みを考えている方がほとんどだと思います。

 

これらのサイトの利用、実は何も知らずにそのまま申し込んだら大損だということをご存知でしたか?

 

さとふるふるなびといったふるさと納税ポータルサイトから申し込みを考えている場合は、必ずポイントサイトを経由して行いましょう!

  

例えば、ハピタスのサイトからさとふるふるなびに飛んでふるさと納税をするだけで、各サイトのAmazonギフトコード還元キャンペーンなどとは別で、こちらのようにポイントキャッシュバック可能です!

 

ふるさと納税上限

 

例えば、さとふるならハピタスを経由して利用すれば、1万円の申し込みで150ポイント付与ですので、1.5%の還元となります。

 

ふるなびでもハピタスを経由して利用すれば、0.7%の還元となります。

 

しかもハピタス何度でも利用可能ですので、毎回ハピタスを経由すれば毎回ハピタスのポイントもゲットすることが可能になります。

 

他にもいろいろなふるさと納税ポータルサイトが登録されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ハピタスの使い方はとっても簡単です。

 

①買いたい物を買い物かごに入れる

②精算前にいったんブラウザを閉じ、ハピタスにログイン後にふるさと納税サイトを開く

③①で買い物かごに入れたものを精算する

④②~③を繰り返し

 

たったこれだけで、買い物金額に応じてポイントが貯まっていきます。

 

いちいちポイントサイトを経由するのが面倒くさい・・・という方でも、

 

一旦買い物かごに入れた後に、ハピタスから各サイトに飛んで買い物かごの中身を精算する

 

だけでOKですので、実は手間はほとんどかかりません

 

また、楽天や、ヤフーショッピングヤフオクの入札や出品などの他のネットショップ利用でも同じ様にポイントが貯まります!

 

まだ登録していない方は、この機会に登録しておきましょう。

 

何もしないで普通に買うと損です!

 

私がハピタス経由でふるなびから申し込んだふるさと納税は、こちらのようにきちんとポイント承認されています。

 

ふるさと納税限度額

 

もちろん登録は無料です。

 

ハピタスは、たった300Pから交換できますので、交換も容易にできるため、大変おすすめなポイントサイトとなっています。

 

今なら新規入会2,000ポイントゲットキャンペーン中です!

 

↓↓ハピタス以下のバナーより入会することで抽選で2,000ptの対象となります↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

ゆりやんもTVCM中!ハピタスをおすすめする理由

 

ゆりやんハピタス

 

ハピタス以下の点で他のポイントサイトより優れています。

 

最低300ポイントからポイントの交換が可能!!

ポイントの有効期限が実質無期限!!

③ポイント交換が原則手数料無料

ポイントの現金化も手数料無料で可能!!

 

会員登録はもちろん無料ですし、年会費ももちろん無料なので、 ハピタス を利用するための費用は一切発生しません

 

登録しておいて損はないと思います。 この機会にぜひ登録しておきましょう!

 

今なら新規入会2,000ポイントゲットキャンペーン中です!

 

↓↓↓ハピタス以下のバナーより入会することで抽選で2,000ptの対象となります!↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

  

まとめ

 

ふるさと納税は、今後返礼品やポイントバックなどについて改悪される可能性が大となっています。

 

お得にふるさと納税を行うのであれば、これらの制度が改悪される前に行ってしまうことが大事であると言えます。

 

ふるさと納税はサラリーマンにもできる数少ない節税対策のひとつです。

 

もし狙っている返礼品があるのであれば、これらの改悪が行われる前に2018年度のふるさと納税限度額からある程度限度額を推測して早いうちに2019年分のふるさと納税をしてしまったほうがいいかもしれません。

 

2019年に限って言えば、

 

お得にふるさと納税を行うなら前半戦が勝負

 

と言えるでしょう。

 

貰えるうちにもらえる物はもらっておきましょう!

 

以上、2019年ふるさと納税はいつから?今年のふるさと納税は前半戦が勝負!!でした!

 

楽天ふるさと納税は、こちらからチェックできます!

→ 楽天ふるさと納税

 

ただいま楽天初売りセール開催中!

 

↓ ↓ こちらからチェックしておきましょう ↓ ↓

 

↓↓ハピタス以下のバナーより入会することで抽選で2,000ptの対象となります↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

ネットショッピングポイント2重獲り!?

方法などの詳細の記事はこちら

知らなきゃ損!ネットショップを利用するならポイントサイトを利用してポイントを2重獲りしよう

 

関連記事

 

ブログランキング参加中です!

参考になりましたらワンクリックお願いしますm(_ _)m

  

 

 

買い物忘れは以下からチェックできます