読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋パパのANAマイル生活

名古屋在住の1児のパパが家族旅行のために陸マイラーとなってマイル集めに奮闘するブログです。セントレア、旅行、ANA SFC修行、赤ちゃん連れ旅行、特典航空券、交通費節約方法などいろいろ書いていきます。

赤ちゃん連れでの飛行機利用 空港・航空会社のサービス

旅行 旅行-赤ちゃん連れ旅行 旅行-空港 旅行-旅行の豆知識

赤ちゃんと飛行機

 

赤ちゃん連れで飛行機を利用するのは、どうしても不安がありますよね。

空港や各航空会社のサービスについて、以下にまとめてみました。

 

 

セントレア 空港のサービス

 

あくまでもセントレアの場合です。

 

〇各トイレに授乳室を完備

セントレア授乳室

セントレア授乳室の様子

授乳室は各トイレの横に設置されており、洗面所もついていて、非常にありがたい施設です。

 

〇ミルク用のお湯

セントレアでは、各案内所にてミルク用のお湯がもらえます。

 

〇完全バリアフリーの構造

セントレアは、電車から降りてから、飛行機の搭乗口まで、一切の階段がありません。

ベビーカー利用者にとって、これは非常にありがたい構造です。

anamilelife.hatenadiary.com

 

各航空会社のサービス

 

各航空会社により若干違うところはありますが、概ね以下の対応をしてもらえます。

 

〇ベビーカーの無料預入

 国内線・国際線ともに、預けられる荷物とは別に、無料でベビーカーを預かってもらえます。

 

ビニール袋に入れて大事に運んでもらえます。

 

なお、預ける前にアクセサリーなどは外しておきましょう。

 

〇ベビーカーの貸し出し

チェックインカウンターでベビーカーを預けた後、搭乗口まで使えるベビーカーを無料で貸してもらえます。

 

手荷物検査もベビーカーのまま検査を受けることができます。

 

〇水・お湯を機内に持ち込める

国際線の場合、水は機内に持ち込めません。しかし、赤ちゃん連れの場合は、保安検査場で申し出れば、水筒に入れたお湯やペットボトルの水などの液体も、ミルクを作るためならば機内に持ち込ませてくれます。

 

保安検査前に必ずカバンから出して、あらかじめ申し出ましょう。

 

〇座席の指定

ベビーベッド

 

飛行機の前方にベビーベッドをつけられる席があります。

 

つけられない飛行機もありますが、ANAに電話をしてリクエストをしておけば最前列の足元の広い席を準備してくれる場合もあります。

 

こればかりは電話してみないとわかりませんが、赤ちゃんのためにも、電話してみて損はありません。

 

当日でも一番前の席が空いていれば一番前の席にしてもらえますが、できれば予約した段階で電話してリクエストを入れておきましょう。

 

〇優先搭乗

3歳未満の子供を連れていれば、その家族全員が優先して搭乗させてもらえます。

ダイヤモンドメンバー様よりも先に搭乗できます。

 

優先搭乗って必要?と思うかもしれませんが、いったん赤ちゃんを席に置いて、前の席の下に入れるものと上に収納するものとで荷物を整理し、赤ちゃんを抱いて席に着くという作業がありますので、優先搭乗は大変ありがたいサービスだと言えます。

 

〇ミルク

機内で哺乳瓶と粉ミルクを渡せば、CAさんが作ってきてくれます。

また、哺乳瓶を洗う際に消毒するためのお湯ももらえます。

 

〇紙おむつ

Mサイズの紙おむつがもらえますが、万が一なくなることを考えると、数枚は自分で持って行ったほうがよいでしょう。

 

〇機内食をベビーミールに

ベビーミール

 

国際線で機内食が出る場合に限りますが、出発24時間前までに申し込めば、0~1歳向けのベビーミールを用意してもらえます。

 

〇おもちゃのサービス

ちょっとしたおもちゃがもらえます。

 

まとめ

赤ちゃんのためにこれだけのサービスを受けることができます。

 

赤ちゃん連れだと大変助かる、非常にうれしいサービスばかりですね。

 

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の、持ち物リストをまとめた記事もかいておりますので、よかったら参考にしてください。

 

anamilelife.hatenadiary.com

最後に、CAさんも赤ちゃんのためだけに乗っているわけではありません。極力自分でできることは自分でやりましょう。

 

↓参考になりましたら、1日ワンクリックお願いします↓


にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ