名古屋パパのANAマイル生活

名古屋在住の1児のママ&パパが家族旅行のために陸マイラーとなって夫婦共同でマイル集めに奮闘するブログです。セントレア、旅行、ANA SFC修行、赤ちゃん連れ旅行、特典航空券、交通費節約方法などいろいろ書いていきます。

0(ゼロ)からスーパーフライヤーズカード(SFC)を目指せ! SFC取得に必要なものは?

スーパーフライヤーズカード修行

 

スーパーフライヤーズカード(SFC)の取得をこれから目指す方のために、必要なものをまとめました。

 

少しでも参考になれば幸いです。
 
スーパーフライヤーズカード(SFC)の申し込みができる人は、ANAや提携航空会社の飛行機を利用して、年間50,000プレミアムポイントを貯めてプラチナメンバーになった人です。

 

プレミアムポイントというのは、「どれだけ飛行機に乗ったか」を表すANA独自のポイントとなり、ポイント数に応じてランク分けがされます。

 

ちなみに、貯めたプレミアムポイントを使って何かできるわけではなく、あくまでもランク分けのためだけのポイントになります。

 

したがって、スーパーフライヤーズカード(SFC)の取得を目指す方は、まず、年間50,000プレミアムポイントをクリアしなければならないということを念頭に置いておいてください。

 

↓参加ブログランキング↓

  

 

SFC取得前に必要なものとは?

 

SFC修行

 

絶対に必要なもの
・お金(ANAマイル)
・時間

 

あったほうがいいもの
・SFCにする元となるANAカード

 

以上です。詳しくは以下で説明していきたいと思います。

 

①お金

まず必要なものとしてはお金です。

 

年間50,000プレミアムポイントを貯めるためには、航空券を買って飛行機に乗らないといけません。

 

また、飛行機に乗るには空港まで行かないといけません。

 

その他、株主優待券を使う場合で金券ショップなどで手配する場合や、空港での食事代や飲み物代等にもお金が必要となります。

 

とにかくお金が必要です。

 

なお、航空券代については、ANAマイルを貯めてそれをスカイコインに交換することで、ANAマイルを航空券代に充てることが可能です。

 

ソラチカルートにてマイルを貯め、それを航空券代に充てればかなりの節約が可能です。

詳しくは以下の記事でも書いています。


 

②時間
年間50,000プレミアムポイントを貯めるための飛行機に乗る時間が必要です。

 

サラリーマンの方であれば、その時間を捻出できるか・・・がポイントになります。

 

 

③SFCにする元となるANAカード
これはSFC取得前に絶対に必要か、と言われればそうではありません。

 

ですが、50,000プレミアムポイント達成後に待っているのはSFC発行の審査(クレジットカード審査)です。

 

クレジットカードの審査に不安がある方は、最低でもANA一般カードは取得しておきましょう。

 

そうすれば、カードの切り替え作業(一般カード→一般SFC)だけで、無審査でSFCが発行されます。

 

また、できれば欲しいSFCのランクのANAカードを事前にもっておけば、それも無審査で同ランクのSFCが発行されます。
(例:ワイドゴールドカード→SFCゴールドなど)

 

注1:無審査での切り替えは、同ブランドの同ランクのカードのみとなります。他ブランドのカードの場合は、発行元のカード会社の審査があります。

注2:以下のANAカードはSFCの機能を付けることができませんので、新たにSFCを作る必要があります。

 

 

必要なお金と必要な時間の関係

 

SFC修行お金

 

年間50,000プレミアムポイントを貯めるために必要なお金と、必要な時間には、ある程度相関関係があります。

 

極論を言えば、なりふり構わずお金を使えるのであれば、50,000プレミアムポイントを貯めるために必要な飛行機に乗る回数を極限まで減らすことは可能です。

 

反対に、特割75などの格安航空券でコツコツと貯めることも可能です。

 

そうすれば、1プレミアムポイントを貯めるためにかかる費用は抑えることはできますが、飛行機に乗る回数は当然増えます。

 

時間と費用を両方とも抑えて効率よく達成しようとすると、国内線であればプレミアムクラスを使ったプレミアム旅割21、国際線であればビジネスクラスを使ったシンガポール便の利用が、比較的お得に大量のプレミアムポイントを貯めるのに有効となります。

 

では一体どれだけのお金と時間を準備すればよいのか詳しく知りたい場合は、起点となる空港により異なりますので、自分で調べる必要があります。

 

詳しくは以下のページから、どの区間のどのクラスに乗れば、どれくらいのプレミアムポイントが貯まるか調べることが可能です。

 ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

大まかな話でよければ、記事最後の関連記事をご参照ください。

 

参考までに例をあげると、国内線プレミアムクラスの羽田⇔沖縄を一日2往復すれば、それを5日間するだけで50,000プレミアムポイントの達成が可能です。

 

プレミアム旅割21で、閑散期に安く航空券を手配できれば、時間もお金も効率よくプレミアムポイントを貯めることが可能です。

 

 

SFC取得までの大まかなスケジュール

 

まず、ANAの会員ランクの判定は以下のスケジュールで行われます。

 

①会員ステータス判定期間(1/1~12/31)

②事前サービス期間(PP達成時~3/31)

③本サービス期間(4/1~3/31)

 

したがって、スーパーフライヤーズカード(SFC)取得までの大まかな道筋は以下の通りです。

 

1/1~12/31までの間(上記①の期間)に50,000プレミアムポイントを貯める
  ↓
50,000プレミアムポイントを達成した翌日~3/31(上記②と③の期間)にSFC入会申込
  ↓
SFC発行

 

の流れになります。

 

正確には50,000プレミアムポイントを達成した場合、翌年4/1からANAプラチナメンバーの資格が付与されるのですが、50,000プレミアムポイント達成の翌日から、プラチナメンバーの事前サービス期間に入ります。

 

したがって、一度50,000プレミアムポイントを達成すると、達成した翌日から翌々年の3/31までの期間、実質プラチナメンバーの資格となります。


※ただし、事前サービスの開始は早くても4月中旬以降となります。

 

SFC入会の申し込みは事前サービス期間でも可能です。

 

注意しなければならないのは、③の期間を超えてしまったらSFC入会の申し込みはできません。

 

必ずプラチナメンバーの間に申し込みをする必要があります。

 

また、貯めたプレミアムポイントは翌年以降に持ち越しはできません。翌年1/1からはまた0ポイントからのスタートになりますので注意が必要です。

 

なんとなく大まかなスケジュール感はつかめましたでしょうか。

 

 

まとめ

 

SFC取得に向けて事前に準備しておくものは、お金時間、そしてできればANAカードの3点となります。

 

一番最悪なパターンは、せっかく50,000プレミアムポイントに向けて何度か飛行機に乗ったのに、12/31までに50,000プレミアムポイントを達成できないという状態です。

 

そうなると、せっかく貯めたプレミアムポイントが0になってしまいます。

 

いったん始めたら、何が何でも最後まで達成しなければなりません。

 

そうならないためにも、事前の準備、計画はしっかりと行いましょう。

 

さらに、航空券代を少しでも節約したいという方は、ANAマイルを貯めてスカイコインに交換し、交換したスカイコインを航空券代に充てるという作戦も可能です。

 

その場合は、ANAマイル、効率よくマイルを稼ぐためにソラチカカードも必要となります。

 

詳しくは、以下の関連記事にも書いていますのでご参照下さい。

 

以上、0(ゼロ)からスーパーフライヤーズカード(SFC)を目指せ! SFC取得に必要なものは?でした!

 

 

関連記事

 

ブログランキング参加中です!

参考になりましたらワンクリックお願いしますm(_ _)m

  

 

 

買い物忘れは以下からチェックできます