読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋パパのANAマイル生活

名古屋在住の1児のパパが家族旅行のために陸マイラーとなってマイル集めに奮闘するブログです。セントレア、旅行、ANA SFC修行、赤ちゃん連れ旅行、特典航空券、交通費節約方法などいろいろ書いていきます。

赤ちゃん連れで飛行機を利用する場合の注意点 航空会社の対応・サービスは?

旅行 旅行-空港 旅行-赤ちゃん連れ旅行 旅行-旅行の豆知識

飛行機で海外旅行

 

子供が産まれたら早速、大好きな旅行に行きたい!、できれば飛行機で海外旅行に行きたい!って方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

といいつつも、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るってのはちょっと勇気が無いという方もいらっしゃると思います。

 

今回は、赤ちゃん連れで飛行機に乗る場合の注意点について、詳しく書いていきます。

 

↓参加ブログランキング↓

  

 

航空会社のサービス

 

各航空会社により若干違うところはありますが、概ね以下の対応をしてもらえます。

 

これは、例えば新幹線やバスの利用の場合はついてこない特典になります。

 

赤ちゃんを連れて飛行機を利用することに対してはどうしても不安な部分もありますが、空港や飛行機では万全の受け入れ態勢が整っていますので紹介したいと思います。

 

 

ベビーカーの無料預入

 

国内線・国際線ともに、預けられる荷物とは別に、無料でベビーカーを預かってもらえます。

 

ビニール袋に入れて大事に運んでもらえます。

 

なお、預ける前にアクセサリーなどは外しておきましょう。

 

 

ベビーカーの貸し出し

 

チェックインカウンターでベビーカーを預けた後、搭乗口まで使えるベビーカーを無料で貸してもらえます。

 

手荷物検査もベビーカーに乗せたまま検査を受けることができます。

 

 

水・お湯を機内に持ち込める

 

国際線の場合、水は機内に持ち込めません。

 

しかし、赤ちゃん連れの場合は、保安検査場で申し出れば、水筒に入れたお湯やペットボトルの水などの液体も、ミルクを作るためならば機内に持ち込ませてくれます。

 

また、保安検査場で申し出れば、赤ちゃん用のジュースやお茶、液状の離乳食なども持ち込むことが可能です。

 

保安検査前に必ずカバンから出して、あらかじめ申し出ましょう。

 

 

座席の指定

 

ベビーベッド

 

 

飛行機の前方にベビーベッドをつけられる席があります。

 

つけられない飛行機もありますが、航空会社に電話をしてリクエストをしておけば、最前列の足元の広い席を準備してくれる場合もあります。

 

こればかりは実際に電話でリクエストを出してみないとわかりませんが、赤ちゃんのためにも、リクエストを入れておいて損はありません。

 

当日でも一番前の席が空いていれば一番前の席にしてもらえますが、できれば予約した段階で電話してリクエストを入れておきましょう。

 

実際にリクエストを入れておいたおかげで、若干前後の間隔が広いエコノミープラスの席に無料でアップグレードしてもらえたこともあります。

(本来は有料なので、過度なアップグレードへの期待は禁物です)

 

 

優先搭乗

 

3歳未満の子供を連れていれば、その家族全員が優先して搭乗させてもらえます。

ダイヤモンドメンバー様よりも先に搭乗できます。

 

優先搭乗って必要?と思うかもしれませんが、いったん子供を席に置いて、前の席の下に入れるものと上に収納するものとで荷物を整理し、赤ちゃんを抱いて席に着くという作業がありますので、子供連れの場合は、優先搭乗は大変ありがたいサービスだと言えます。

 

 

ミルク

 

機内で哺乳瓶と粉ミルクを渡せば、CAさんが作ってきてくれます。

 

また、哺乳瓶を洗う際に消毒するためのお湯ももらえます。

 

 

紙おむつ

 

航空会社にもよりますが、機内に紙おむつを常備しています。

 

紙おむつは自分で持っていくべき持ち物だと思いますが、万が一の時にも安心です。

 

 

機内食をベビーミールにできる

 

ベビーミール

 

 

国際線で機内食が出る場合に限りますが、出発24時間前までに申し込めば、0~1歳向けのベビーミールを用意してもらえます。

 

 

おもちゃサービス

 

子供連れの場合、ちょっとしたおもちゃがもらえる場合があります。

 

おまけ程度のちょっとしたサービスですが、子供にとっては嬉しいサービスですね。

 

ちなみに、妊娠中に搭乗した場合は、「生まれてくる赤ちゃん向けにおひとつどうぞ」と、特別にお母さんにもらえる場合もあります。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんのためにこれだけのサービスを受けることができます。

 

赤ちゃん連れだと大変助かる、非常にうれしいサービスばかりですね。

 

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の、持ち物リストをまとめた記事もかいておりますので、よかったら参考にしてください。

 

anamilelife.hatenadiary.com

 

最後に、CAさんも赤ちゃんのためだけに乗っているわけではありません。

 

極力自分でできることは自分でやるつもりで、持ち物などは事前にしっかり準備をしておきましょう。

 

以上、赤ちゃん連れで飛行機を利用する場合の注意点 航空会社の対応・サービスは? でした。

 

ブログランキング参加中です!

参考になりましたらワンクリックお願いしますm(_ _)m

  

 

買い物忘れは以下からチェックできます

 

関連記事